プリント方法の違い

思い出に残るTシャツを作ろう!!

友達や学校のクラスの人達との思い出は、みなさんにとってすばらしいものだったと思います。文化祭や体育祭、卒業のシーズンになると、いつもより楽しい気分になったり、感傷的な気分になりませんか?それらのイベントは人生の中で、ほんの一瞬の出来事です。だから、一生の思い出になるようオリジナルプリントTシャツを作りませんか?友達と一番笑ってる写真でも、クラスで意見を出し合って決めたクラスのテーマでも大丈夫です。また、友達全員違う色にして個性を出したり、クラスみんな同じ色で一体感を出したりと自由にできます。どんな風にしようかと考えただけでもワクワクしてきませんか?きっとアイデアを出し合って考えている時も含めて、全ての時間が思い出になるでしょう。

プリント方法の違いでこだわりを!!

オリジナルTシャツを初めて作るという方で、プリント方法に様々な種類があることを知らない方はかなりいらっしゃるんじゃないでしょうか。ここでは、手始めに2通りのプリント方法の違いについて説明します。

まずは、市販のTシャツでよく使われているシルクスクリーンプリント。1柄、1色ごとに版と呼ばれる型を作り、その版に直接インクを入れて、生地に乗せるように刷る方法です。耐久性や仕上がり具合は、プロ仕様の本格的なものになります。大量に作るほど、1枚あたりの金額が安くなるため、クラスでオリジナルTシャツを作る際におすすめです。

次に紹介するのが、デジタルによるプリント。こちらは、専用のシートにパソコンのプリンターで印刷し、そのシートを生地に圧着させていく方法です。フルカラーで印刷できるため、何十色と使っても値段は変わらず、色の発色が良いので、カメラやスマホで撮った写真のプリントにおすすめです。

ネットにはオリジナルtシャツを扱うお店が、宣伝広告を出しています。tシャツプリントを激安で行う業者もあり、イベント行事などでは依頼しやすいです。

© Copyright Original T-shirt Brand. All Rights Reserved.